合成洋酒置場 -カクテルオキバ-

璽儡の雑記とか、個人サークル、「でんき・ぶらん」の活動報告とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメフルマラソン -黄金勇者 ゴルドラン-【ネタバレあり】

およそ一週間ほどかけて、ゴルドランをフルマラソンしました
前回のダグオンと比べると、いやー子供むけというかわかりやすいというか
あとはまあ、ネタとメタとパロだらけ ニャル子さんでもここまでではなかった気もするなあ
これも子供のころ最終話までみたはずだったんだけれど……いやー、ラストの展開思い出せんかったなあ
ワルターが海賊になって味方になることや、後半のライバルが弟のシリアスになることは覚えてたけど

そういえばゴルドランのおもちゃ、当時珍しく主役のゴルドランではなく、アドベンジャーを持ってたんだよなあ
何でゴルドランを欲しいと思わなかったのは今でも思い出せん ただその後アドベンジャーと合体できるキャプテンシャークを買ってもらったのまでは覚えてる
多分機関車が好きだったんだろうな マイトガインの影響だろうか

合体と言えば、ゴルドランは合体が3段階あるせいか(ゴルドラン→スカイゴルドラン→グレートゴルドラン)、所謂グレート合体用のパーツが少なく、あんまりパワーアップした感じがしないんだよな……
よりによって、レオンカイザーの胴体部分がまんま余るし まあそれはグレートゴルドランのグレートアーチェリーとして使われるので無駄にはなってないんだけど
グレートゴルドランがグレートアーチェリーを使うまで、レオンカイザーの胴体がその辺に放置されていることを考えると、なんというかシュール
そう思うと、意地でも二号ロボのパーツを余らすまいとしたダグオンのスーパーファイヤーダグオンはある意味理にかなってるのかもしれない パワーダグオンのボディがそのままファイヤーダグオンの背中にひっついているっていうのはこれはこれでシュールだけど

最初にも書いたけれど、かなり子供向けの内容の作品だったので、今の年齢からみると、少々見るに堪えないというか、「このシーンでこのネタ(メタ、orパロ)はどうなのよ?!」って思ったりすることも多々あった
でもまあ、それがゴルドランの特長でもあるんだよなあ
マイトガイン、ジェイデッカーでかなりシリアスな展開をしてきたので、子供向けの路線に戻す、という意味合いもあったのかも
33話のドランが子持ちになる話と、37話のソドラ王ホラフキーノ・ニマイジータは最高だったね……
主人公の少年たち、タクヤ、カズキ、ダイの3人も大人顔負けと言うか、変にたくましいというか
悪役もワルターを始め、シャランラやシリアスなどキャラクターがすべて個性的でキャラが立っているのが魅力
唯一問題があるとすれば、真の黒幕感を散々だしていたワルザック皇帝が最終話ラスト5分ぐらいで、第一話のワルターとおんなじポジションになりさがったことぐらいか
多分スタッフ的にこの皇帝のことをあんまり深く掘り下げるつもりはなかったんだろう 演出からしてそんな気がした
レジェンドラ王がどーみてもリカちゃん人形だったのは怖かった 名前がそもそもレディリカ・ド・レジェンドラって まあタカラ版権だしいいのか 真正面向いてもあさっての方向に目が泳いでるんだもん 正面向けよ

ゴルドランのよかったところは、テーマが、あくまで「冒険」という2文字にきちんとブレていなかったことかな
他の勇者は大抵「地球に攻めてくる悪者を倒す」という大義名分があるんだけど、今回は敵との戦いは冒険の一貫でしかなくて、あちらこちらに旅をすることが作品の主目的であったこと
そして主人公たちがそれを最終話まで貫いていたことが印象深かった

レジェンドラ王「私の代わりに新たな宇宙を創れ」 主人公「もっと冒険したいからやっだぴょーん」

……うん こういうところがゴルドランらしい

さて、次はジェイデッカーかな
そういえば途中までは見てたんだったな…… 何話まで見てたか、もう忘れちゃったけど
スポンサーサイト

コナミとのつきあい

武装神姫、遊戯王、DDRとすっかりコナミの口座に金を振り込むのが板についている私ですが、今思えば割と小さいころからコナミに触れあっていたと思います
一番古い記憶だと、最初に触れたコナミ製品はSFCがんばれゴエモン「ゆき姫救出絵巻」だったかなあ
……何しろ本当に古い記憶なので、タイトルがこれで正しかったかどうかすら不明です
父親が買ってきたゲームだったんですが、確か自分は1面もクリアできなかった気がする

その後、小学生ぐらい? のころ初めてDDRに触れましたね
ver.流石に覚えてないけど、Butterflyをやった記憶が 確かBASICで失敗して挙句、やけに人の視線が気になって両親のもとに一目散に逃げて行った気がします
あの時すっげえ恥ずかしかったなあ(しみじみ
大学時代に音ゲーマーな先輩に出会い、今ではすっかりDDRerです
逆にポップンや弐寺はノーツが多すぎて眼で追えないので苦手です

たぶんこのころと前後するぐらいに遊戯王がブームになりましたかねえ
まあ、最初のころはバンダイ版遊戯王で(イエローヘカテーとかまだ覚えてるw 何故かあれの印象がすっごい強かった……)、いつのまにかコナミ製になってたなあ
当時、小遣いなんてまともにもらってなかったので、パックを買うよりかは友人のいらないカードをもらってデッキを組んでたなあ
そんな私の当時のキーカードはマハー・ヴァイロ
これも友人からもらったカードで、保存状態が悪く、カードの絵柄面に傷が入ってるんですが、効果を見た時「絶対に強い!」と直感めいたものを感じ、友人に頼んで譲ってもらいました
まあ、デーモンの斧なんて高尚なカードは持ってなかったんで、もっぱら被術の書とか、鎖付きブーメランとか使ってましたね
中学入って一切やらなくなって、高校入って一度友達に持っているカードを格安で譲ったんですが、その時でもマハー・ヴァイロだけは手元に残しておきました
今でもカードの表面に一直線に傷が入ったマハー・ヴァイロがあります
大学で再開しましたが、その時はマシンナーズ・コマンドを3箱買ったデッキを使ってましたね いわゆるマシンガジェというやつです
今でも十分メインデッキとして扱えますが、いろいろと構築で考えているので最近の使用率は低め
一時期MTG一辺倒だったので、遊戯王なんて見向きもしなかった私が今は9つも遊戯王のデッキを持ってるんだからなあ…… 変わるときは変わるもんですね

中学に入って、大須に初めて? 行った頃、ANUBIS-The Zone of ENDERS-の体験版をプレイしました
PS2のゲームでしたが、あんなに動く3Dゲーは初めてだったので、一緒に行った父親と一緒に「すげー!」と言った記憶があります
……まあ、当時はゲームタイトルを確認し忘れていたので、コナミゲーであることどころか、タイトルすら知らんかったんですが
その後、高校で友人からタイトルを知り、その後大学でようやく購入しましたね
今では暇つぶしに最適なスルメゲーとなっています

で、武装神姫ですが……きちんと調べてみたら、多分、初めてふれたのは2007か2008年です
神姫NETが開始された当初、ジオスタしか稼働していなかったはずですが、私が登録をしたころにはもうバトロンが稼働していたので、まあ2007年以降、という計算ですね
当時、無料オンラインゲーム……というかフリーゲームにハマっていて、親が寝静まったりいなかったりしたときに、親のPCを使ってゲームをするのが日課みたいなものでした
バトロンもその一種だったので、当時はまあ、フブキ型の月朧と一緒に勝ったり負けたりを繰り返していましたが……月朧がEX落ちしてぐらいからかなあ、あまり触らなくなり、クライアントも一度削除しました
常に金欠の状態だったし、当時はフィギュアに全く興味はありませんでしたし
当時アルテイルという別のネトゲにハマったこともあり、一度バトマスが出たころに「ああ、そういえば武装神姫ってきいたことあるなあ」ぐらいで触ったのですが、バトロンとシステムが全く違ったことと、まあ、はっきり言って劣化ガンダムVSガンダムだったこともあり、すっかり忘れていくんですが……
転機になったのが、バイトで中古雑貨店につとめていたころ
サークルのこともあってすっかりオタクにあった私が、S.H.Figuartsの覚悟のススメの零だったかな? それを棚に飾る時にポージングさせることがありまして
その時に「あ、自分なりにカッコイイポーズとらせるのっていいなあ」と思ったんですよ
そして、フィギュア一個ぐらいなら、まあ仕事にも役立つだろうし、買おうかなと思ってバイト先の二階で初めて武装神姫のフィギュアを手に取りました
その時のラインナップはヴァッフェドルフィン、マオチャオ、こひる、メリエンダ、エスパディアと今でもはっきり覚えてます
何を買おうかは結構迷ったんですが、武装神姫がもともと組み換えトイであったこともあって、このラインナップで一番遊べそうなエスパディアを購入
……実は当時、あまりこひるは好きでなかったんですよねー
嫌いでもなかったんですが、こう、武装頭部がなんか気に食わないのと、あと同じ値段ならプレイバリューが多い方がいいなという理由でエスパディアにしました
そのあとは……まあ、お察しの通りずぶずぶと神姫沼に頭頂部まで浸かりまして
エスパディアにを触って面白さに気付いた後リペアルト姉妹と再販アクイダを購入、そのあとも……といった感じで月に2体ぐらいのペースで神姫が増えていくのでした

バトロンなのですが、エスパディアを買った後、復帰したんですよね
まあ、一度クライアントを消していたので、データは消えてるもんだと思ったんですが、どうやらサーバー上でIDの管理をしていたようでコナミIDを入力したら、月朧に「お久しぶりでございます」と声をかけられて心臓をぶち抜かれましたね
当時「やってくれたなコナミ!」と狂喜乱舞した記憶が
まあ、その直後エスパディアがバトロン未対応ということに気が付き、「やってくれたなコンマイ!」とリアルに叫んだのも懐かしい記憶
バトロン終了のアナウンスがでた直後ぐらいにジオスタの機能を理解したので、大慌てで全員の写真を撮ろうと思ったんですが……結局、6枚しか撮れませんでした
しかし、最終アプデで対応したこひるですが、強かったなー
フブキ型以外で唯一Bランクまで行ったのは彼女だけです
バトマスMk.2の特別版をコナスタで予約して受け取る当日、学校の用事で親にお金を渡して支払いを頼んでいたのですが、その金額に親が「は!?」と唖然としたこともあったなあ あーなつかしい

これからも多分、コナミの口座に私は金を振り込み続けるんでしょう
少なくとも、遊戯王とDDRと武装神姫の新作が出続ける限り

……バイク型と武器型、少なくとも出してくれるよな? え? コンマイさんよ(切実

アニメフルマラソン -勇者指令 ダグオン-【ネタバレあり】

およそ3日かけて、ダグオンの全話フルマラソンを終了しました……。
結構覚えていた展開もあったけれど、ラストあたりは完全に忘れてたなー とはいっても、よくカラオケで「輝け!ダグオン」を歌うせいで、ラストシーンは完全に頭に入っていたわけですが

勇者シリーズはこれで、マイトガイン、ガオガイガーに続いて3作目をフルマラソンしました。
まあ、まだダグオンはOVAの方があるけれど……みつかるかなこれ……
あと残っているのは、ジェイデッカー、ゴルドランの2作
とりあえず見た記憶が残っているものから見ようと思っているので、エクスカイザー、ファイバード、ダ・ガーンはお預け
バーンガーンはそもそもアニメじゃないから除外してあります スパロボ系のシュミレーションは苦手なので、ブレイブサーガをやろうと思う気が1mmも起きない

まあ見た感想ですが……マイトガイン、ガオガイガーの時も思ったけれど、子供向けアニメとして作られている割には、大人の自分が見ても考えさせられるテーマの話が多かったなあ
あとやっぱり、物語終盤になっていくにつれて敵から与えられる絶望感がやばい
まあ、今のところガオガイガーFINALを超える絶望感は感じたことないけど
マイトガインも、ダグオンも、なかなか終盤はこうクるものがありました
というかよく考えてみれば、マイトガインもダグオンも、ラスボスが概念、というかただ物理でぶんなぐるだけじゃ対処の出来ない敵、という共通点がありますね
他にも……あるかと思ったらそんなになかった まあライナーダグオンの変形シーケンスはトライボンバーと全く同じだし、スーパーライナーダグオンはグレートマイトガインパーフェクトモードのオマージュみたいなもんだけど
以前、「下駄履かねえグレート合体なんてグレート合体じゃねえ」という意見を聞いた記憶がうっすらあるので、その意見が正しいとするなら、本作のグレート合体はスーパーファイヤーダグオンじゃなくてスーパーライナーダグオンなのかなー 文字通り、「二本歯下駄」履いたしねえ

数回しかないメインロボのグレート合体、第一話で主役メカがでない、極一部のロボの扱いの悪さ、同ロボの「これって縮尺おかしくね?」……などいろいろとそれまでの勇者シリーズとは一線を画していると思います
他の作品でも大体割を食ってるロボっているけれど、だいたい勇者シリーズのロボは主役ロボ以外はあくまでサポートメカとして作られている場合が多いんで、ダグオンのように7人も主人公それぞれにロボが与えられるパターン自体が勇者シリーズ内では知る限りダグオンしかなく、一部キャラが割をくうのはまあ仕方ないともいえますけれどね
そもそもライは終盤での登場だったし、ダグベースの運用っていう彼にしかできない役割があったし……
でももっとサンダーダグオンの活躍は単純に見たかったなあ……


あともう、ヒロインはルナでいいんじゃないかな 終盤で急激にマリアにテコ入れ入ったけど

Top

HOME

璽儡

Author:璽儡
・合成洋酒置場 -カクテルオキバ-



開設日:2010 5/10



このサイトはリンクフリーです



専ら自分の好き放題に小説を書き散らす人間



東方project二次創作小説から同人活動を始め、現在武装神姫二次創作とオリジナル小説を執筆中




こひる型は俺の姫



日本酒が好き



東方projectに限らず、弾幕シューティングは好き



ロックマンシリーズも好き



武装神姫も好き



FPSは酔わなければ好き


何かあればこちらまで
electro.branday@gmail.com
twitter:zirai005

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。