合成洋酒置場 -カクテルオキバ-

璽儡の雑記とか、個人サークル、「でんき・ぶらん」の活動報告とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメフルマラソン -黄金勇者 ゴルドラン-【ネタバレあり】

およそ一週間ほどかけて、ゴルドランをフルマラソンしました
前回のダグオンと比べると、いやー子供むけというかわかりやすいというか
あとはまあ、ネタとメタとパロだらけ ニャル子さんでもここまでではなかった気もするなあ
これも子供のころ最終話までみたはずだったんだけれど……いやー、ラストの展開思い出せんかったなあ
ワルターが海賊になって味方になることや、後半のライバルが弟のシリアスになることは覚えてたけど

そういえばゴルドランのおもちゃ、当時珍しく主役のゴルドランではなく、アドベンジャーを持ってたんだよなあ
何でゴルドランを欲しいと思わなかったのは今でも思い出せん ただその後アドベンジャーと合体できるキャプテンシャークを買ってもらったのまでは覚えてる
多分機関車が好きだったんだろうな マイトガインの影響だろうか

合体と言えば、ゴルドランは合体が3段階あるせいか(ゴルドラン→スカイゴルドラン→グレートゴルドラン)、所謂グレート合体用のパーツが少なく、あんまりパワーアップした感じがしないんだよな……
よりによって、レオンカイザーの胴体部分がまんま余るし まあそれはグレートゴルドランのグレートアーチェリーとして使われるので無駄にはなってないんだけど
グレートゴルドランがグレートアーチェリーを使うまで、レオンカイザーの胴体がその辺に放置されていることを考えると、なんというかシュール
そう思うと、意地でも二号ロボのパーツを余らすまいとしたダグオンのスーパーファイヤーダグオンはある意味理にかなってるのかもしれない パワーダグオンのボディがそのままファイヤーダグオンの背中にひっついているっていうのはこれはこれでシュールだけど

最初にも書いたけれど、かなり子供向けの内容の作品だったので、今の年齢からみると、少々見るに堪えないというか、「このシーンでこのネタ(メタ、orパロ)はどうなのよ?!」って思ったりすることも多々あった
でもまあ、それがゴルドランの特長でもあるんだよなあ
マイトガイン、ジェイデッカーでかなりシリアスな展開をしてきたので、子供向けの路線に戻す、という意味合いもあったのかも
33話のドランが子持ちになる話と、37話のソドラ王ホラフキーノ・ニマイジータは最高だったね……
主人公の少年たち、タクヤ、カズキ、ダイの3人も大人顔負けと言うか、変にたくましいというか
悪役もワルターを始め、シャランラやシリアスなどキャラクターがすべて個性的でキャラが立っているのが魅力
唯一問題があるとすれば、真の黒幕感を散々だしていたワルザック皇帝が最終話ラスト5分ぐらいで、第一話のワルターとおんなじポジションになりさがったことぐらいか
多分スタッフ的にこの皇帝のことをあんまり深く掘り下げるつもりはなかったんだろう 演出からしてそんな気がした
レジェンドラ王がどーみてもリカちゃん人形だったのは怖かった 名前がそもそもレディリカ・ド・レジェンドラって まあタカラ版権だしいいのか 真正面向いてもあさっての方向に目が泳いでるんだもん 正面向けよ

ゴルドランのよかったところは、テーマが、あくまで「冒険」という2文字にきちんとブレていなかったことかな
他の勇者は大抵「地球に攻めてくる悪者を倒す」という大義名分があるんだけど、今回は敵との戦いは冒険の一貫でしかなくて、あちらこちらに旅をすることが作品の主目的であったこと
そして主人公たちがそれを最終話まで貫いていたことが印象深かった

レジェンドラ王「私の代わりに新たな宇宙を創れ」 主人公「もっと冒険したいからやっだぴょーん」

……うん こういうところがゴルドランらしい

さて、次はジェイデッカーかな
そういえば途中までは見てたんだったな…… 何話まで見てたか、もう忘れちゃったけど
スポンサーサイト

« (あ)か・ん・こ・れ|Top|コナミとのつきあい »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://electrobranday.blog106.fc2.com/tb.php/29-66001d90

Top

HOME

璽儡

Author:璽儡
・合成洋酒置場 -カクテルオキバ-



開設日:2010 5/10



このサイトはリンクフリーです



専ら自分の好き放題に小説を書き散らす人間



東方project二次創作小説から同人活動を始め、現在武装神姫二次創作とオリジナル小説を執筆中




こひる型は俺の姫



日本酒が好き



東方projectに限らず、弾幕シューティングは好き



ロックマンシリーズも好き



武装神姫も好き



FPSは酔わなければ好き


何かあればこちらまで
electro.branday@gmail.com
twitter:zirai005

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。